ブログ

効く〜

投稿日:2018-01-25

パン先生に形神庄の練功で質問をする生徒さん。そのやりとりが面白くて( 笑 )   ビデオ講義の一幕から・・・


生徒さん   「(形神庄をやって)気の感じがわからないのですが」

パン先生    「やって見せて・・・・そのまま続けて・・・・まだまだまだ・・・もっと続けて」

生徒さん      「 キツイ、もう限界〜」

パン先生      「どう?感覚がでたでしょう?」

疲れた腕をさすりながら「これなの???」と、とまどう生徒さんに肉体の感覚が出る前にすぐにやめてしまう。少量回数では肉体すら感覚がわからない、ましてや気の感覚には程遠い、といった趣旨のことを諭されるパン先生。


いやあ、簡単に諦めてしまったりとか、身に覚え大ありで耳が痛い話です。気功の練功だけにあらずで、日常でもよく出没する「このくらいでいいかぁ」という惰性、その度に頭をよぎるこのやりとりは、怠け心によく効くようです(笑)

 



Copyright© 2014 日本智能気功学院 All Rights Reserved.