智能気功は効率的

efficient_text
智能気功は気を得るのが早く、気感が強く、健康回復だけでなく、外気調整(人に気を入れて症状を軽くする能力)、潜在能力開発の効果が短期間で実現できると言われている。その理由は以下の理由による。

1. 智能気功は伝統気功の練功(気功を練習すること)のシステムを変えたから。

典型的な伝統気功は先に内気を鍛え、体の内気を一つにしてから、最後に体外の虚空に通じて、外気と内気を統一にする。主に自分自身の気を鍛える伝統気功に対して、智能気功は自分の気を鍛えると同時に、大自然の気(智能気功では混元気と呼ぶ)をも体内に取り入れ、外と内の気を統一して体内の気を充実させる。

2. 気場を作って効果を倍増させる。

智能気功は練功の場に気場を作って気功を練習する。気場とは気の満ちている場である。気場を作ることとは、師が特定の範囲に気を集めて、その場を一つに同化し、練功や治療に役立てることである。これは、師を磁石にたとえ、生徒を磁気の帯びない鉄にたとえた場合、師が気場を作るのは磁石と鉄を一つに結合させて、鉄に磁石を帯びさせることに相当する。ゆえに気場を作ることは、師が弟子の上達を助ける一つの方法である。これによって、弟子のレベルが早く上達できる。多くの生徒たちが練功してまもなく外気発射ができ、他人の病を癒せるのはそのためである。


Copyright© 2014 日本智能気功学院 All Rights Reserved.