学院の活動

第1回7日間集中練功会

2018年7月16日

新企画で、7/5〜7/11に表記の練功会が行われました。

例年の「中級強化講習及び指導員養成コースII」に続けて、初めての「チャレンジ集中練功会」を加えての計7日間。気についての理解が深まったり、気の感覚が以前にも増して強くなったり、体が緩んで新境地を得たり、などなどたくさんの報告がありました。

参加者の感想の一部をご紹介します!

* 総合拉気3時間練功で、どこまで集中出来るか不安でしたが、思ったより集中でき、ひとつの自信のようなものになりました。

* 練功時は足が痛かったのですが、終わってからは痛みがなく疲れないのが不思議 でした。帰りの電車では、座らずに立って帰る元気があるのには驚きでした。

*動作の丁寧な指導を受けて、身体がゆるんでいき気の体得が変化していく事を実感できました。

*集中して体内をおもうと、大量の気が入ってきたり、自分の思ったところにゆく。練功の感覚が良くなり、うれしく、練功が楽しくなっている。

*帰宅後、扱う気が一段と細かい微妙な感覚。新境地です。今までの講習会とは気場が違い、あのような気場は初体験です。

*普段あまり気を感じられないのですが、教室の気場が強いため、気を感じ気持ちよく練功でき感謝です。

6月指導員研修

2018年6月12日

6/9〜6/10に指導員研修が行われました。

先生の練功の号令が、それはもう終日、心身が気に溶けあえるように、丁寧に細かくかけてくださっていました。

懇談会での顧学院長先生からは「気場の情報に意識をあわせることは大切。生徒さんはまだ意識の統一が足りていないように思う。指導員のみなさんも必要です。」とのお話がありました。
練功の動作も意念もしっかり確認して学んだ事を、指導員として生徒さんに伝えていきたいという感想もあり、充実した研修だったとおもいます。
参加者の皆さんお疲れ様でした!

初級講習会及び指導員養成コースI

2018年5月16日

5/11〜13に行われた初級講習会には、智能気功暦数十年のベテラン指導員の方が、紹介者の方と一緒に何組か参加されていたり、気功に興味があって調べてみえた方々と共に和気あいあいの雰囲気でした。

最終日の懇談会では「混元気の混元ってどういう意味?」「気を入れた相手の感覚をキャッチした時の対処法は?」など、気についての質疑応答が盛んに行われていました。気功に対しての興味が深まり、更に続けてやりたいという声が多くきかれました。

参加者の皆様お疲れ様でした。

 

 

 

 

形神庄初級講習会II

2018年4月11日

4/7〜4/8に行われた形神庄IIの講習会は、2月の講習会Iに続いて参加された方も多くいらして、とてもにぎやかな2日間でした。6月の形神庄動作検定に向けて熱心に取り組んでいる方もいらして、先生方の指導も熱が入りアツイ講習会でした。

初級講習会及び指導員養成コース1

2018年3月7日

3/2~4に行われた講習会は、西日本方面からの参加者や、親子での参加者などなど、和気あいあいとアットホームな雰囲気の中で行われました。理論勉強やいくつかの功法の教学と練功、盛り沢山の中にも、緩める練功の時間が多くあり、2日とちょっとの間に心身の調子が良くなった方が多くいらっしゃいました。

 

最終日の懇談会でシェアした、参加者の方の感想です。

⭐️最近考え事が多すぎて精神的に疲れていて、カラダもあちこち不調だったのが、最終日の今日はスッキリ感で心身が軽くうれしい。

⭐️初めてで、動作とかまだ覚えられていないけれど、とても気持ちよく体がすっきりしている。

などなど・・・人それぞれの体験や変化を知ることが出来ました。参加者の皆様お疲れ様でした。

Copyright© 2014 日本智能気功学院 All Rights Reserved.