ブログ

生涯続けられること

2018年10月15日

智能気功には多くの功法があります。(このありがたさを日々痛感しています 笑)
年齢や体調、レベルによって、また、人それぞれ得意な功法や、その時の自分にあった一番効果的な功法を選んで、集中的に取り組む事もできます。

そのためには、ちゃんと基本を学んだうえで、練功の経験を積むことは欠かせず大切です。

スポーツや体操等とは異なり、気功的に身心を鍛えるから、無理なく安全に生涯にわたってできます。年齢的に体力的に出来なくなったから・・・ということはありません。このようなことからも、高齢で智能気功の愛好者は多いです。
いくつになっても始められますが、やはり元気で若いうちから始めるのがいいでしょう。でも、興味を持った時が一番のタイミング!

自分の健康は自分で管理したい!人生の舵は自分自身で!とおもっている方に是非、智能気功をお勧めしたいです。



自分に対しても、相手に対しても・・・

2018年10月3日

意識の運用の講義ビデオのことばに、ハッとしました。
重篤な病以外、軽い症状の場合は「(自分は)病気と思わないこと」なぜなら、意識が常に病気を思うと固定されてしまうから。

 

「私は〇〇という病気なのです」「私はこの部分が悪いんです」「ずっとこういう症状なんです」・・・このような思いも仕方ないですよね。でも、もう自分で決めつける習慣は止めよう(笑)日々、細胞は変化していて、練功していればどんどん身体も変わってくるはずなのだから。

 

人への対応もしかり。何気なく「腰の調子どう?」「〇〇の痛みは良くなった?」と声をかけたり、習慣のように気を入れてあげたりしていないか?相手への思いやりや優しさからの行動は、相手の病気への意識を固定することになっていないか?必要としている場合や急を要する時はあるので、臨機応変にかつ慎重な対応を心がけたい。

 

自分のことも、相手のことも信じる事!そんな想いをもちました。



優先順位

2018年9月20日

日常生活において、気功の優先順位は何番目ですか?

なにか症状が出たり、体調がすぐれない時は、いっきに順位があがったりして?(智能気功あるある調べ    笑    )

やる事や、やりたい事でいっぱいの日々、練功の時間の確保は工夫が必要かと思います・・・試しに1日の時間の使い方を見直してみました。どうしても必要な事はそのままとしても、意外と、なんとなく習慣でやっている事とか、しなくても困らない事の多さに気づいてしまいました!!長年の思い込みや、習わしに囚われていることを断捨離のごとく、自問自答しようと痛感しています。

私の場合は、家事で「こうしなければいけない」という先入観でやっていた事がありましたが、違う考えのやり方を知って実践すると、費やしていた時間が短縮、簡素化できてラクになりました。これで、忙しいを理由に練功できないは通用しなくなってしまいました。笑

健やかな心身があって、人生おもいっきり楽しめる!だから時間の確保と強い信念でもって、気功の優先順位をグーンとあげましょう。

 

 

 

 



智能気功が私の助けに

2018年9月11日

思わぬアクシデントやトラブルに遭ってしまった時、智能気功愛好者のあなたには是非、「気」を「練功する事」を思い出していただきたいです。私の経験からですが、そういう時、気功が私を助けると実感したからです。

東日本大震災の時に、ライフラインが数日間止まってしまった状況での生活を余儀なくされました。

被災した当日、身の安全を確保しながら不安と恐怖とで呆然としていましたが、時間の経過と共に震えもおさまった頃、ふと「練功しようかな!」という気持ちがおきました。神経がたかぶっていて、どうせ寝むれないだろうし、他に今やれる事はないし、という思いもありました。

実際は、雑念だらけで全然緩めらずひどい練功でした・・・

でも、終えたら少し気持ちが落ち着いてきました。冷静に明日すべき事などを考える余裕が出てきました。練功によって不安や恐怖以外のことに、なんとか意識を向けようとしたからでしょうか(練功に集中するのは難しかったけど)

その時つくづく、自分でやれることがあってよかった、智能気功をやっていてよかった!と心から思ったのを覚えています。

慌てたりパニックになるのはしょうがないけれども、ちょっと深呼吸して思い出してください。自分に備わっているもの、持っているもの・・・智能気功はあなたのちからになることを。



教室の片隅で・・・

2018年9月4日

その方は、長い間ある症状と向き合いながら練功を続けていました。
チャレンジ練功に参加され総合拉気法をして以来、その症状や体にいろんな変化があらわれました。これは気の働きで、体が正常に戻ろう、治そうという状態と思ったそうです。その変化には驚きながらも喜びも大きかったようです。気功に対する信念が今まで以上に強くなったと、先生とクラスの皆に報告してくれました。

自分一人で体験出来る事はわずかなこと・・・

だから、このように仲間の体験を実際に見たり聞いたり、文章などでも、教えてもらう事で自分の小さな世界が広がります。自分の練功にもいかせるし、気功への信念も強くなります。

・・・智能気功の愛好者に「ありがたい〜」と教室の片隅で叫びたい!笑



Copyright© 2014 日本智能気功学院 All Rights Reserved.