ブログ

あるような、ないような・・・

2020年6月1日

「あるような、ないような」
「気」を表現するとき、このような言い方をします。
視覚でも、皮膚感覚でも、聴覚でも、曖昧だけど、なんとな〜く感じられるのではないでしょうか。

登山で山頂から星空を眺めていると、周囲にひろがる「あるような、ないような」音を感じます。それに集中すると、包まれて自分は夜空に溶けて一体になる心地良さを体験します。
物を見る時も、その周りに溢れる「あるような、ないような」を感じます。
これは、自身の練功時のイメージの大きな助けになっています。

あいまいだけど、確実にある!「気」への好奇心は尽きそうにありません。



ステイホームで健康のレベルアップ!

2020年5月12日

今までのパターンは、、、身体に良いことはわかっているけれど、気功をする時間がなかなかとれない。やりたい事や、すべき雑務がたくさんあって、日常生活では後回しになっていた気功の時間。

今の状況下では、ほとんどが強制ストップになりました。
「もう言い訳はできません!なにをおいてもまず気功で心身を健やかに保つこと」

この状況を受け入れて、腰を据えて練功。気功の優先順位を第一にします。
収束する頃にはきっと、さらに健康のレベルはあがっているはず。
ステイホームは大チャンス。



新たな習慣になる

2020年5月11日

各教室のオンラインでの授業が1ヶ月以上続いています。
在宅で受講する場合、同居の家族の協力や、静かに集中して練功するための環境をつくったり、オンラインの操作を覚えたり。
初めの頃は試行錯誤しながらでしたが、最近はこれに慣れてきて、新たな習慣として定着しつつあるのではないでしょうか。
長く気功を続けてゆくためには、方法がいろいろありそうです。
変わること、変わらないこと、選択すること、選択しないこと、全部自分次第。
変化にトライして楽しむくらいの感覚がいいのかもしれません。



気功をする時間、増!

2020年4月17日

各クラスのオンラインライブが始まり、振替のクラスも受講出来るように
なりました。参加出来るクラスがいままでの倍になったということです。
また、申し込みを希望すると夜のライブ練功も出来ます。

新たなしくみを積極的に利用すると、気功をする時間は増えることになります。
皆さんの元気につながるように、との先生のおもいが伝わってきます。

そして、出産育児や介護、転勤、引越しなどで、途中で学院に通えなく
なってしまった方。熱心に通っていたのに残念だな、センスあるのに
もったいないと感じることが多々ありました。
今のオンラインをぜひ利用して、気功を再スタートしてみてはいかがでしょう。



運動不足の解消にも!

2020年4月14日

家で過ごす日が続くなか、運動不足を感じていませんか?

そこで、私のおすすめは形神庄の練習です!

骨、筋、腱を練習するので、しっかり集中してやると汗をかく程です。
気も肉体もしっかり鍛えることになります。
要求動作が難しいからこそ、今この時期を利用して、時間をかけて
取り組みたい功法です。

例えば、、、
全節(又はできる節)を習慣にやってみる。
選んだ一節の回数を増やしてやってみる。

など、今までと違うやり方で挑戦するのはいかがでしょう。

智能気功の動功では他にも、蹲壁功(ドンチャン)や抻気法なども、いい汗
かきますよ😆

いずれにせよ、体の中の気の動きや変化を感じながら、気功的にやる
のが大事。練功と運動の不足を解消にぜひ!



Copyright© 2014 日本智能気功学院 All Rights Reserved.